格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

高速データ通信の速度制限が有ると非常に使いにくいです

      2015/12/07

現在四社の格安SIMの会社と契約をしているのですが、高速データ通信は容量が余っている分だけ無制限で使える方が良いです。

3日間で何MB使うと速度制限がかかるというのは、正直非常に使いにくいです。

今回は、その理由を書いてみます。

高速データ通信は毎日使うのだけど大量に使う日も勿論有る

楽天モバイル 速度規制 アプリ

格安SIMの高速データ通信の使い方として、毎日通勤や通学時に使う方が大半だと思います。

その際に、動画を見たりWebを閲覧したり友人や家族とLINEしたりと、様々な使い方が有りますが短い時間ならそこまでデータ容量を使う事も無いでしょう。

動画を1時間程度ずっと見て、しかも往復で2時間見るというような使い方だと1ヶ月に10GB程度の容量では足りないですが、毎日そこまで動画を移動時間に見る人もそんなには居ないでしょう。

Webの閲覧程度だと、使っても数百MB程度ですので一ヶ月で考えても、5GB程度のプランで事足りると考えられます。

このような使い方をする方も居れば、私のような使い方をする方も居ます。

出張時や旅行時に大量に高速データ通信を使う派もいる

私などは、完全にこちらですので普段は光回線でWi-Fiを利用しています。自営業で職場にWi-Fiが有るという状況です。

主に、モバイルデータ通信で高速通信を利用する状況は、出張時や旅行時になります。

長時間の移動時や、駅、空港で利用する事が多く待ち時間などには動画を一気に見て大量にデータを使ってしまったりします。

この際に、一度に1GB程度データ容量を使う事も少なくありません。私はメインで利用しているDMM mobileでは5GBプランを契約していますので、その程度ではビクともしません。

が、ここに落とし穴が有ります・・・

楽天モバイルは3日で540MB使うと速度制限に(3.1GBプラン)

DMM mobileや、mineoのDプラン、IIJmioなどは容量内ならいくら高速通信を使おうが、後日高速通信の速度制限を受ける事が有りません。

しかし楽天モバイルの場合は、例えば外出時に動画などを見て1GBのデータ通信を行ってしまうと、3.1GBのプランを契約している場合は、翌日から高速データ通信が制限されてしまいます。直近3日間で540MBを超えると制限がかかります。

この制限は、3日後まで続きますので非常に使いづらいです。

正直メインで使っていると、相当イライラしてしまうかもしれません。サブで持つには良いと思いますが、メインだと楽天モバイルは・・・使い方によっては無しです。

大事なのは契約前に高速データ通信の速度制限が有るかどうかを知っておく事

ここまでの流れで何が言いたいのかと言いますと、利用方法によっては楽天モバイルなどの速度制限が有る、格安SIMを選んでしまうと大変な事になる場合も有ります。

これを契約前に知っているかいないかで、実際に利用する時にストレスを感じずに利用が出来ます。

私が現在4社と契約していて、通信速度、高速データ通信の速度制限が無い(高速データ通信の容量を使い切ってしまうと低速状態になる場合有り)のは、DMM mobile、mineo Dプラン、IIJmioです。

与えられた高速データ通信を、遠慮なく使いたいのであれば上記の三社がお勧めです。

SIMフリーを選ぶなら”断然”DMM mobileがおトク!!!

今話題の格安SIM。動作確認済み端末チェックできます/IIJmio

楽天モバイルの高速通信速度制限を体験してみた感想

 - 速度制限