格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

格安SIMを契約する際にはどのプラン(データ容量)を選べば良いのか?

   

当サイトでは、格安SIMについて色々と情報を書いているのですが、結局一番大事なのは各格安SIM会社の通信速度や料金、使いやすさなのですが、そもそもどのプラン(データ容量)を選択すれば良いのかという事です。

では、今回はどの程度利用するのであれば、どのプランを選んでおけば良いのかという事の目安を説明してみたいと思います。

格安SIMのプラン(データ容量)はどれを選んでおけば良いのか?

格安SIM プラン

まずは、ライトユーザーというのが正しいのかどうかは分かりませんが、月に1GB程度までの利用量の方をライトユーザーとします。

ではライトユーザーの方というのはどの程度の事が出来るのでしょうか?

データ容量 動画 LINE(通話) 1分=約0.3MB LINE(テキスト) 1回=2kbとして Web閲覧 1ページ=200kbとして
1GB 約50分 3,333分 約50時間 500,000回  5,000ページ

目安ですが、このような感じになっております。動画を見なければ、LINEの通話やテキストメッセージ、Web閲覧で1GBを使い切るのは結構大変だという事が分かります。

自分で、ライトユーザーだと思う方は1GBにしておいても良いでしょう。

DMM mobile 通話SIMプラン 1GB

ライトユーザー以上ヘビーユーザー未満の方

自分は動画も見るし、1GBでは到底足りそうにないという方をライトユーザー以上ヘビーユーザー未満とすると、どのようなプランを選択すれば良いのでしょうか?

データ容量 動画 LINE(通話) 1分=約0.3MB LINE(テキスト) 1回=2kbとして Web閲覧 1ページ=200kbとして
3GB 約150分 9,999分 約150時間  1,500,000回  15,000ページ
5GB 約250分 16,665分 約277時間  2,500,000回  25,000ページ
10GB 約500分 33,330分 約555時間  5,000,000回  50,000ページ

10GBまでの利用量をヘビーユーザー未満としました。1GB〜10GBというのは随分広い幅ですが、いわゆる大手キャリアでは、この辺りのデータ通信容量が一般的ですし、スマートフォンを利用している人大多数は、この広い幅の中に当てはまるはずです。

このライトユーザー以上ヘビーユーザー未満の方が選択するプランとしては以下のようなものになります。

DMM mobile 通話SIMプラン 3GB

mineo Dプラン デュアルタイプ 5GB

IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ライトスタートプラン

ヘビーユーザーの方

格安SIMの契約で10GB以上必要だという方は、ヘビーユーザーだと言えるでしょう。先日、当サイトで書いた記事「休みの日に一日中YouTubeを見たければ格安SIMでどのプランを選ぶべきか?」のような使い方をする方は完全に、ヘビーユーザーです。

データ容量 動画 LINE(通話) 1分=約0.3MB LINE(テキスト) 1回=2kbとして Web閲覧 1ページ=200kbとして
10GB 約500分 33,333分 約500時間 5,000,000回  50,000ページ
15GB 約750分 50,000分 約750時間 7,500,000回  75,000ページ
20GB 約1,000分 66,666分 約1,000時間 10,000,000回  150,000ページ

10GB以上のプランを設定している格安SIM会社は少ないです。使い放題をうたっている会社も有りますが、高速通信の速度制限が有ったりしますので、それを差し引くとやはりDMM mobileの大容量のプランが良いです。

DMM mobile 通話SIMプラン 10GB

DMM mobile 通話SIMプラン 15GB

DMM mobile 通話SIMプラン 20GB

ただ、20GBの大容量を毎月使ってしまう方は光回線を引いて、Wi-Fiを利用した方が良いでしょう。

インターネットはフレッツ光

実際に私のDMM mobileの請求金額をお見せします

 - データ容量