格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

実際に私のDMM mobileの請求金額をお見せします

   

当サイトでは、格安SIMを中心として格安スマホの情報を発信しておりますが、いくら格安SIMが安いから良いよといっても、実際の請求金額がどのようになっているかという事が分からないと、いまいち契約に踏み切れないという方も多いと思います。

安いのは何となく分かっているけど、本当の価格というのは確かに気になります。契約前ならなおさらです。

という訳で、今回は私がメインで利用している格安SIMのDMM mobileの実際の請求画面を見て、どの位の費用がかかっているのかを紹介してみます。

DMM mobileの実際の毎月の請求額はどの位なのか?

DMM mobile請求金額

これが私がDMM mobileを契約した初月分の請求金額になります。当初は通話SIMの5GBプランを契約しておりました。

新規で契約する際(MNPで大手から移転しても同様)には、新規契約手数料として3,000円(税抜き)がかかってきます。上の画像の赤枠で囲んだ部分ですが、この費用は最初だけしかかかりませんし、他の格安SIMでもキャンペーンを行ってない限りは、必ずかかってくる費用となります。

新規契約手数料以外には、月額基本料とユニバーサル料がかかります。ユニバーサル料は2円です。これは固定ですね。月額基本料は、1,970円(税抜き)なのですが月の途中からの契約なので日割り計算されて1,207円(税抜き)となっております。初月の合計金額は消費税を含んで合計4,545円となっております。

初月以降の請求金額は非常に安くなります

DMM mobile 5GB

これは二ヶ月目の請求金額です。初月と同じく通話SIMの5GBプランです、1,970円(税抜き)ですので、ユニバーサル料と合わせて合計で税込み2,129円となっております。

何と私は通話を一ヶ月に一度もしておりませんので、通話SIM 5GBプランで最安値(通話料がかかっていませんので)となっております。大手キャリアの大体三分の一の料金でしょうか。

通話SIM 5GBプランから3GBプランに変更し更に安くなりました

DMM mobile 3GB

この月から、通話SIM 5GBプランから3GBプランへとプラン変更をしました。

3GBプランは1,500円(税抜き)ですので、5GBプランの1,970円(税抜き)から470円安くなりました。消費税を含むと、507円安くする事に成功しました。プラン変更は簡単に行えるので、以下の記事を参考にしてみて下さい。

DMM mobileはプラン変更が簡単!変更方法を説明します

なぜ5GBのデータ容量から3GBへとダウンしたかというと、私は自宅にWi-Fiが有りますので正直5GBでは持て余してしまいました、しかもDMM mobileはデータの余った分は翌月の末尾まで繰り越す事が可能ですので、今となっては3GBですら持て余しております。しかし一応3GBプランで契約しております。月々1,622円はめちゃくちゃ安いですしね。

DMM mobileは本当にお勧めです

私自身の実際にかかっている請求金額を今回紹介した訳ですが、DMM mobileはアプリも使いやすく、月々の料金が非常に安いですし、なんと言っても通信速度も安定して速いので私は大満足です。当サイト一押しの格安SIMとなっております。

高い料金で悩んでいる方は、2016年は思い切って格安SIMに乗り換えするべきです。

DMM mobile 通話SIMプラン 3GB

楽天モバイルのかけ放題とNifmoのかけ放題は何が違うのか?

 - DMM mobile