格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

実際にDMM mobileの通話SIMの3GBプランを半年以上使ってみた感想

   

当サイトを運営している管理人は、実際にMVNOをじっくりと使い倒しています。

大手キャリアを長い年月利用してきて、確かに通信速度や通話品質には文句は付ける点は有りませんでした。基本的な部分には、何も不満がないとも考えていましたが、最近ではデータ容量を大量に利用する事が増えてきて、直近3日間の制限にすぐにかかってしまったり、月々の制限にかかってしまったりします。(プランによっては直近3日間の制限は現在では撤廃されています。)

高い金額を毎月支払っているのに、制限がかかってしまう事に、辟易としてきた私は格安SIMつまりMVNOへの乗り換えを考えるようになりました。

そしてDMM mobileや、mineoのDプランを契約する事になっていきました。

そして、それから半年以上利用してきました。

格安SIMを半年以上使ってきたからこそ気がついたMVNOの本当の良さ

格安SIM 感想

最初に書いておくのですが、MVNOを利用すれば、何もかもが良いという事は有りません。

例えば、DMM mobileには2016年5月の当記事を書いている時点では、留守番電話機能は有りませんし、キャッチホン機能も有りません。

mineoは、留守番電話、キャッチホン、転送電話全ての機能が利用出来ますので、このような機能が絶対に必要だという方は、mineoを選択した方が良いかもしれません。

私は、DMM mobileを通話SIMの3GBプランで利用しているのですが、あまり通話はしないため、そこまで不便さは感じておりません。

このように、MVNOには会社ごとに特徴も有りますので、見極めが大事なのですが、特に重要だと思うのがデータ通信時の通信速度制限についてです。

MVNOは通信速度制限のない会社を選ぶ方が幸せになれる

これ結構断言しても良い部分だと思うのですが、大手キャリアでも以前はちょっと動画を見ると、直近3日間の1GB規制というのに引っかかり、翌日から低速にデータ通信をされてしまい、動画なんて見れないですし、通常のそこまで重くもないWebサイトを開くのに一苦労という、とんでもない状況になっていました。

本当にイライラしていた訳ですが、もちろん同様の状況はMVNOでも起こります。

直近3日間のデータ通信利用量によって、翌日から通信速度を遅くされてしまうという事が通信速度制限です。

この通信速度の制限が無い、MVNOを選ぶ事で随分と幸せになれるはずです。

例えば、現在の私の利用環境では自宅では光回線+Wi-Fiを利用しています。光回線最強なのは間違いありません。そしてモバイル環境として、DMM mobileを契約しています。(実際にはスマホを2台持っているので他にもmineoやIIJmioも契約しています。)

そしてDMM mobileは、現在3GBのデータ容量(以前は5GBですが減らしました。)で利用しているのですが、私の使い方として出張などで数日間で一気に2GBくらい使ってしまう事が有ります。いちいち外部でWi-Fiに繋ぐの面倒なので、全てモバイルデータ通信を利用しています。

すると、以前だと通信速度の制限を受けていたのですが、現在はDMM mobileだと制限は有りません。ですから、好きなだけ、例えば前月からの繰り越し分が残っていて5GBの容量が有れば、5日間位の出張で5GB使ってしまっても制限などかからないのです。

もちろんデータ容量を使い果たしてしまった場合には、追加でデータ容量を購入するか、速度が200Kbpsでの利用をしなくてはなりません。(この状態では、データ通信の制限が有ります。)更に利用していると、低速状態になってしまいます。その制限は、200Kbpsの状態か高速通信をOFFにしている場合に、3日間で366MB利用した際にかけられます。

ここまでデータ容量を使い果たしてしまうという、使い方をしてしまう場合には、そもそもの契約データ容量を増やした方が良いです。ただ、あくまでDMM mobileやmineo(Dプランだけ)、IIJmioのように直近3日間の制限がない会社を選択するべきです。楽天モバイルや、DTI SIMには制限が有ります。しかもあまり多いデータ容量では無いというのが、使いにくいと感じる方もいるでしょう。(楽天モバイルは3.1GBプランだと3日間で540MB利用で低速に制限されます。)

ここで、私が凄いと思っているのはmineoのDプランです。

直近3日間の制限がないうえに、DMM mobileやIIJmioですら、高速データ通信OFF時やデータ容量が0になってしまった状態で、更に利用していると通信速度制限が有るのに、mineoのDプランにはこれさえも有りません。

つまり高速データ通信をOFFにした状態や、データ容量0の状態で、どれだけ利用しても、最大200Kbpsの速度は守られるという訳です。ただ注意して頂きたいのは、au回線を利用するAプランには制限が有ります、制限が無いのはドコモ回線を利用するDプランの方です。

ここまで書いてきた結果、私の用途ではそこまで必要無いので、DMM mobileをメインで利用していますが、最も使いやすいMVNOはmineoのDプランではないか!という事です。それほど通信速度の制限を受ける事が無いというのは有り難い事なのです。

 - 格安SIMについて