格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

光回線を多用する人ほど格安SIMがピッタリだと思う

   

分かりづらいタイトルになりましたが、今回の趣旨はこういう事です。

自宅に光回線が無く、すなわちWi-Fiを自宅で利用出来ず、全ての通信をモバイルデータ通信に頼る必要が有る方、このような方は格安SIMにする場合は、10GB程度のプランを選択しておけば動画も随分見る事が出来ます。

DMM mobile 通話SIMプラン 10GB

しかしWi-Fiで使い放題を一度味わってしまった方は、モバイルデータ通信のみだと不満が出てくると考えられます。

そこで今回は、光回線を利用していてそこまで外出時にモバイルデータ通信を利用しない方には、絶対に格安SIMが向いているという事について書いてみます。

自宅に光回線を引いているなら大手キャリアとの契約はやめておいた方がベター

光回線 格安SIM

今回の前提として以下の様になります。

  1. 自宅に光回線を引いている
  2. Wi-Fiルーターが有り利用している

この2点です。たったこれだけの事ですが、家族で数台ものiPhoneやiPadを同時に接続していたり、仕事用のPCが自宅に有り、有線もしくはWi-Fi環境で利用しないといけないという方でもなければ、光回線は無駄だと契約してない方も居るでしょう。

特に一人暮らしで、わざわざ光回線を引いていない方も多いです。私の友人でも何人か居ます。そのような方は今回は対象ではないと考えて下さい。あくまで光回線を引いている方が今回の対象です。

光回線を普段使い外出時のモバイルデータが少ない方

自宅でのスマホでのネット閲覧や、YouTubeなどの動画閲覧を主に、というよりも全てWi-Fi環境下で行う場合はモバイルデータ通信の容量は全く使わないはずです。

そして外出時には、Webの閲覧よりもLINEでの通話やチャット、グーグルマップなどのナビアプリ、食べログなどで店をチェックなどの軽い作業程度をメインに利用するという使い方だと、ほとんどモバイルデータ通信の容量は使わないです。大体一月に1GBも有れば事足りるのではないでしょうか?

このような状況の方が、大手キャリアと契約しているとすれば、非常にデータ容量が無駄にもなりますし、月々の料金が高いですので勿体無いです。

このような方は間違いなく、格安SIMを利用するのに適している層だと言えます。

そして1GBの容量で足りるという事であれば、DMM mobile 通話SIMプラン 1GBで良いですし、1GBで足りなければ2GBに契約変更する方法も有ります。

DMM mobileはプラン変更が簡単!変更方法を説明します

これで随分と料金を抑える事が出来ます。普段から音声通話をあまり利用しない方であれば、光回線+格安SIMの金額と、大手キャリアとの契約の金額がほぼ同じ位になります。大手キャリア+光回線だとおよそ15000円程度になりますので、光回線+格安SIMがいかに良いかという事になるはずです。

自宅では動画を見放題、外出時はそこそこネットを使える。という環境が揃う訳です。

私は現在今回紹介した環境に近く、もう少しモバイルデータ通信を多く使える様にDMM mobileの3GBプランを利用しております。

是非参考にして下さい。

DMM mobile 通話SIMプラン 3GB

格安SIMに変えると一年間でどの位安くなるのか?

私がメインで利用しているDMM mobileについて紹介します

 - 格安SIMについて