格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

ノマドワーカーこそ格安SIMを利用するべき理由

   

ノマドワーカーという言葉が流行ったのも、既に一昔前という感じがするのですが、ノマドワーカーとは言わないまでも外で仕事をする事が多いという方は、多数居るはずです。

かくいう私も、移動が多いので格安SIMを何社も契約しており使い回しているのですが、何と言っても月々の価格が安いので、データ容量を気にする事無く使えています。

格安SIMは現在、DMM mobile、mineoのDプラン、楽天モバイル、IIJmioと4社契約しているのですが、どれもテザリングを利用出来るので、テザリングでMacBook Proで仕事をする事が多いです。

ノマドワーカーに格安SIMをお勧めする理由

ノマド 格安SIM

私が、実際に出張時や外出時に格安SIMを利用する前(ソフトバンクと契約していた時)に不安に思っていた事や、使いにくいなあと困っていた事をまずは書いてみたいと思います。

速度制限が怖くておちおち動画など見れなかった

これ以前よく有った事なのですが、宿泊したホテルにLANケーブルを差す場所が無かったり、Wi-Fiの電波がフロント付近しか利用出来ないという意味の分からない安ホテルに泊まった場合、MacBook Proを利用してYouTubeを楽しみたいと思っても、ソフトバンクの直近3日間1GB利用で翌日から低速状態への速度制限が有るのが怖くて、なかなか楽しめません。

それが、格安SIMを利用する様になってからというもの、特にDMM mobileでテザリングを利用したのですが、直近3日間で1GBなどという制限無く(無制限)利用出来るので、動画を少々見ても、後日に差し支える事は有りません。

訳の分からないWi-Fiに接続する必要も無くなった

セキュリティ的に考えても、あまりよく分からない場所のWi-Fiを利用するのも嫌です。

しかし、容量を使いたくない時はそのようなWi-Fiでも使えれば使ってしまえという方も多いと思うのですが、自分の契約しているSIMの容量さえ有ればそれを利用する様にしています。

少々、WebをノートPCで見るくらいなら容量もそんなに喰いませんし自分の端末でテザリングする方が安心します。

それに時間制限の有るWi-Fiサービスを提供しているカフェなど有りますが、正直面倒くさいです。

外に出かけてそもそもWi-Fiが有る場所など気にする必要が無い

やはり大手キャリアのように、毎月の基本料金が高いとスマートフォン利用だけでデータ容量を使うあげくに、テザリングで容量を使って制限がかかってしまうと何だかなあという気持ちになります。

しかし格安SIMはそもそも安いですので、テザリング用(それこそノマドワーク用)に契約していたとしても全く嫌な感じはしません、やはり価格が安いという事が大きいのではないでしょうか。

外でPCを使う際に、いちいちWi-Fiのパスワードを聞いて入力したりするよりは、自分の端末からのテザリングでパッと使える方がストレスも感じませんし、スマートなのではないでしょうか。

Wi-Fiが有るか無いかを気にせず、好きなだけデータ通信を楽しめるのが格安SIMの良いところです。(もちろん契約データ容量内でです。)

DMM mobile 通話SIMプラン 20GB

格安SIMに変えると一年間でどの位安くなるのか?

格安SIM(MVNO)はどのような人に向いているの?向いていない人は?

 - 格安SIMについて