格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

しばらく利用してみた結果楽天モバイルは使いづらいです・・・

      2016/01/23

楽天モバイルを契約して利用しているのですが、ちょっと使いづらいです。

私の利用スタイルとしては、毎日少しずつモバイルデータ通信を使うというよりは、出かけた時に動画などでドカッと利用するスタイルです。

この使い方だと、楽天モバイルだとすぐに制限がかかってしまうのです・・・

私の契約しているのは、楽天モバイルの3.1GBプランなのですが、やはり非常に使いづらいという事になってしまっています。

楽天モバイルの悪い点って何?やはり高速データ通信の制限です

楽天モバイル

通信速度自体には全く問題は感じていないのですが、とにかく楽天モバイルの悪い点は、直近3日間の利用量に応じて高速データ通信に制限がかかってしまう事です。

直近3日間で540MBというのは意外とすぐに達してしまいます、一日で540MBを使ってしまう事もザラですので3日間となるとすぐです。

さらに、直近3日間ですので、1日で540MBを超えてしまった場合には、その次の日と又次の日も制限がかかった状態になってしまうのです。

全く高速データ通信が使えない状態で2日間を過ごすのは辛いです。

高速データ通信をOFFにした状態でも高速データ通信制限の容量は消費していく

これが又悪い点だと感じるのですが、高速データ通信容量(3.1GB)自体は、高速データ通信をOFFにしていると減らないのですが、直近3日間の容量540MBは消費されます。

つまり高速データ通信を利用していないのに、3日間で540MBを利用してしまうと、その次の日に高速データ通信をONにして利用しようと思っても制限されてしまう事になります。

これは非常に困る点でも有りますね。楽天モバイルでは高速データをONにしてもOFFにしても、とにかく直近3日間で540MB(3.1GBプランの場合)を利用してしまうと、翌日から高速データ通信を使えなくなります。

1日100MB程度しか、モバイルデータ通信を利用しない方なら楽天モバイルを勧める事も出来ますが、3.1GBプランの契約を考えていて、1日200MBくらいは使ってしまう方は、楽天モバイルをどうしても使いたいのでしたら、5GBプランを選択しておくのが良いです。

5GBプランなら直近3日間で1GB利用で制限がかかるので、この量だとなかなか消費しないのではないでしょうか?

楽天モバイルをメインで利用するのでしたら、5GBプランを選択しておくべきかもしれないですね。

しかし高速データ通信の制限自体がかかるのが、嫌な場合は他の会社を選んでおく方が正解かもしれません。

例えばDMM mobileやIIJmio、mineo Dプランなどですね。

たくさん使う人も あまり使わない人も【格安スマホはmineo】

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

NTTドコモのLTE対応・広いエリアと高速通信。IIJmioの格安SIM

楽天モバイルの高速通信速度制限を体験してみた感想

 - 楽天モバイル