格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

ソフトバンクのスマートフォンでは格安SIMが利用できないのか?

   

私は、以前はソフトバンクを契約しておりました。その前はauを使っていたのですが、ソフトバンクがiPhoneを取り扱い始めましたので、iPhone3GSを手に入れる為にソフトバンクと契約しておりました。

その当時は、SIMフリースマートフォンに対する知識も全く有りませんでしたので、何も考えずにソフトバンクの回線でiPhoneを使い続けてきました。

しかし私は、仕事柄海外に行く事が多く、ソフトバンクのiPhoneが海外では全く使い物にならず、現地に住んでいる方は、既に香港版のSIMフリーiPhoneなどを使われていました。

そんな知り合いを横目でチラチラ見ていた訳ですが、やはり日増しにSIMフリー機への気持ちは高まっていきました。

なぜSIMフリー機が、欲しかったのかというと海外の現地の安いSIMカードが使えるという事でした。当時は海外パケ放題などというのはまだ無く、パケ死という言葉が頻繁に使われるほど、海外でのモバイルデータ通信は深刻な状況でした。

そして、私は今現在日本国内では、ソフトバンクをやめて格安SIMを使っているのですが、国内でもSIMフリー機を持っていると、乗り換えがスムーズになります。しかしソフトバンクを現在契約している方は、そのままだと格安SIMを利用する事が出来ません。

ではなぜソフトバンクのスマートフォンだと、格安SIMが利用出来ないのでしょうか?

ソフトバンクのスマートフォンだと格安SIMが使えない!なぜなの?

多くの格安SIMの会社は、ドコモもしくはauの電波を借りて運営されています。

ドコモやau、ソフトバンクはMVOと呼ばれており通信設備を持っている会社です。対して、IIJmioやDMM mobileやmineo、楽天モバイル等はMVNOと言われる、MNOから通信設備を貸してもらって運営している会社です。

これは電波というものが日本の国から与えられているものだという事で、色々な制約が有るのです。数年前にソフトバンクが、やっとプラチナバンドを与えられたというのがニュースになった事が有りました。

そのように貴重な携帯電話の電波なのですが、この電波を利用した回線をレンタルしている格安SIMの会社が現在は、ドコモ系とau系しかないのです。

ソフトバンク系の格安SIM会社は現状無い

2015年12月現在では、ソフトバンク系のMVNOというものは存在しておりません。

つまりソフトバンクの通信網を利用している格安SIMの会社が無いという事です。

今までにも書いてきたのですが、ドコモ系の格安SIM会社はドコモの通信網を、au系の格安SIM会社はauの通信網を利用しています。ですからドコモのスマートフォンを現在利用してれば、ドコモを解約してもそのままドコモ系の格安SIMなら契約して利用出来ますし、auのスマートフォンを利用していればauを解約したとしても、au系の格安SIMなら契約して利用出来ます。(一部利用出来ない機種も有るようです。)

ここまで読まれた方は、既にピンときていると思いますが、ソフトバンクで契約したスマートフォンを持っていても使える格安SIMが無いという事です。

もちろん、現在ソフトバンクの電波を利用している中にもSIMフリー機を使われている方も多いでしょう。このような場合は、通信方式の同じドコモ系の格安SIMなら利用が出来ます。(実際に私は、iPhone6とNexus 6を利用しています。)

ソフトバンクのスマートフォンでもSIMロックを解除すればドコモ系で利用出来る

今年からSIMロック解除が義務化されましたので、例えばソフトバンクであれば2015年5月以降に発売された機種で、SIMロック解除に対応している機種であれば、SIMロック解除を申し込む事が出来る様になりました。

ただし条件として、購入日より181日が経過したものに限ります。

そして対応機種としては、iPhone6sや6s Plus、Nexus 6Pなどが挙げられます。

つまり現在ソフトバンクで購入したiPhone6sを利用している方は、購入日から181日経過すればSIMロックを申し込んでSIMフリー機にした上で、ソフトバンクとの契約を解約してDMM mobileやIIJmioにMNPする事が可能になります。

これで、無理にSIMフリー機を購入しなくても、SIMロック解除をしてMVNOへ移るという選択肢が増えた事は非常に良い事だと感じます。費用的にも助かりますし、愛用してきたスマホをまた別のキャリアで使える訳ですからね。もちろん、MVNOだけでなくドコモに転入する事も可能になりますよね。

ソフトバンク系の格安SIM会社が出来れば一番良いのだが

SIMロック解除が義務化された事で、全て解決されたかの様に見えますが違います。

最新のiPhone6sや6s Plus、Nexus 6Pを利用している方は良いのですが、iPhone5sやiPhone6を利用しているソフトバンクの利用者は、格安SIMを利用したくてもSIMロック解除の対象機種になっていない為に、転入しようが有りません。

つまり、SIMフリー機を購入するかドコモの白ロムを購入するかしないと、ドコモ系の格安SIMを利用出来ません。

このような状況を解決するには、ソフトバンクも格安SIM各社への、通信網のレンタルを始めてくれれば良いのですが、2015年12月現在では噂だけで実現されていません。

ソフトバンクの機種で格安SIMを利用出来るケースは極僅かな人だけ

結論として、現在ソフトバンクと契約してソフトバンクの機種を利用している方は、そのまま格安SIM会社に転入出来る様になるのは、一部の方を覗いてまだ先になりそうです。

一部の方というのは、上に書いた様にSIMロック解除対象機種を利用されている方です。

ソフトバンク SIMロック解除

このような機種をお使いの方です。早くソフトバンク系の格安SIM会社が出来ると良いんですけどね。

今後も、当サイトでは格安SIMが幅広い方に利用される事をお手伝い出来るような情報をお届けしていきます。

格安SIMにはdocomo系とau系が有るという事を知っておきましょう

 - 格安SIMについて