格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

Wi-Fiを使いこなす事で格安SIMが楽しくなる

   

当サイトでは格安SIMをいかに安く、いかに便利に使えるかという事をテーマにサイトを運営しておりますが、格安SIMのみの契約でスマホを利用していると、どうしても不便だと感じる場面が有ります。

それは高速データ通信の容量不足で有ったり、通信速度であったりするのですが、Wi-Fiを使いこなす事で、そのような問題も解決する事が出来ます。

では、どのようにWi-Fiを使いこなせば良いのでしょうか?考えられるケースを対策を今回は書いてみようと思います。

Wi-Fiを使いこなす事で格安SIMを上手に運用する

Wi-fi 格安SIM

まず格安SIMの弱点とは何でしょうか?これはモバイルデータ通信を利用する訳ですから、大手キャリアも同様ですが、高速データ通信の容量を使い果たしてしまうという事でしょう。

高速データ容量を使い果たしてしまった場合には、追加で容量を購入するか、通信速度が遅くなった状態で月末まで我慢するかのどちらかになります。

このように、モバイルデータ通信というのは基本的には容量が限られているものだという認識の上で、利用しないといけないのですが、Wi-Fiを利用すると話しは変わってきます。

その前に格安SIMの欠点としてもう一つ挙げておく必要が有ります。

混雑時の通信速度の低下

格安SIMでは都内などの人口密集度が高い場所では、時間によっては非常に通信速度が低下してしまうという現象が見られます。私の住んでいる広島県では、まだどの格安SIM会社でも経験した事がないのですが、都内では格安SIMだと通信速度が遅くて厳しいと言っている友人も居ます。

田舎であれば、格安SIMの通信速度の低下という事は有り得ませんが、東京では日常的に有るようですね。特にお昼休みの時間や、夕方からの数時間、ゴールデンタイムなどは厳しいようです。

このように通信速度の低下、そしてデータ容量という2つの事を考えながら格安SIMを利用する必要が有るのです。

Wi-Fiを上手に使いこなす

自宅に光回線を、引いてしまえば一番良いのですが、費用的になかなかそこまではという方も多いでしょう。

しかし自宅に光回線がなくても、外出した際にWi-Fiを利用する方法は沢山有ります。例えば、職場にWi-Fiが有ればアプリの更新などは、なるべく職場のWi-Fiを利用して行うというのも良いのです。最近では、Wi-Fiを導入しているお店も多数有りますので、そのような店舗に行った際にWi-Fiを利用して音楽アプリのダウンロードなどをするのも良いでしょう。

友人の家にWi-Fiが有れば、遊びに行った際にはWi-Fiに接続させてもらうというのも良い方法です、最近は友人で集まって一緒にスマホでゲームをするという事も有りますね。

Wi-Fiが利用出来る場所であれば、なるべくWi-Fiを利用する事で、高速データ通信の容量を温存する事が出来ます、通常格安SIMでは残った容量は次月の末日まで繰り越す事が出来ますので、容量を残しておくのも良いです。

自宅に光回線を引いて、Wi-Fiを利用したとしても、格安SIMの契約と合わせても意外と総額は大手キャリアとそこまで変わりません。この方法で有れば、ネットも動画も存分に楽しむ事が出来ますね。

インターネットはフレッツ光

格安SIMを契約する際にはどのプラン(データ容量)を選べば良いのか?

 - Wi-Fi