格安SIM探検隊

格安SIMを身近に感じよう

YouTubeや動画を多く見るならば大容量のデータプランを選択しておきましょう

      2016/01/23

スマホの利用方法として動画を見る事が、メインという方も多いと思います。

その際に不安なのが高速データ通信の容量です、つまり動画を見ると高速データ通信容量が無くなって、制限がかかってしまうという状況が怖いという事です。

制限がかかってしまうと、YouTubeを快適に見る事はかなり厳しくなります。

楽天モバイルの高速通信速度制限を体験してみた感想

見れない事も無いのですが、快適というにはほど遠い状況になってしまいます。これは格安SIMではなく大手キャリアを利用している方もよく知っていると思います。

妻のドコモ契約のiPhone6s Plusが高速通信速度規制に!追加料金が高い!

YouTubeや動画を快適に楽しむなら10GB以上のプランにしておくのが良い

1ヶ月のデータ通信量

上の画像を見て頂けると分かりますが、私が光回線経由のWi-Fiとモバイルデータ通信で一ヶ月にスマホで利用しているデータ通信は約40GBにも上ります。データは12月1日〜12月30日分になります。

そのうちの36GBくらいはWi-Fiで約4GBがモバイルデータ通信すなわち格安SIM(DMM mobile)での通信となります。

特に12月20日以降急にデータ使用量が多くなっているのは、YouTube動画を見ていたからなのですが、やはり動画は凄まじいデータ通信量を使用してしまいます。ついつい某YouTuberの動画を見すぎてしまいました・・・

しかし私は光回線経由のWi-Fiで動画を見ていますので、これが100GBであろうが全く問題は無いのですが、モバイルデータ通信だとそうはいきません。今月私はモバイルデータ通信としては3.87GBを利用していて、これは主にWebの閲覧と外出した際に動画を暇つぶしで見た時に消費しました。

動画を見ると凄い量のデータ容量を消費するという事を知っておく

格安SIMの1GBでどんな事がどの程度出来るのか?という記事で書いたのですが、動画を見た際に消費されるデータ容量は以下の様になります。

結果がこちらです。約1分の動画を見ると、20MB消費しました。

つまり1分間で20MBですので、一時間続けて動画を見ると1200MB程度消費する計算になります。1GBだと、1時間程度動画を見続けると、高速データ通信の容量を使い果たしてしまう事になります。

1時間程度の動画視聴で消費するデータ容量は、約1GB〜1.2GB程度だという事が分かると思います。

例えば週に3日程度、1日1時間程度YouTubeを見ると1週間で約3GB〜3.6GB程度消費します、それを4週間つまり一ヶ月続けると12GB〜14.4GB程度の容量を使う事になります。

という事は上のような状況で、自宅にWi-Fiが無い状況でそれなりに動画を見つつ、Webの閲覧という最低限の利用方法をしようとすると15GB程度のプランを選択する必要が出てきます。

高速データ通信を直近3日間の利用量に対して、制限がなくなおかつ月々安い価格で15GBのプランというと、DMM mobileにちょうど良いプランが有ります。

DMM mobile 15GBプラン

メイン利用を考えると、通話SIMでないといけません、音声通話が出来るプランです。そして大容量のプランだと、10GB、15GB、20GBが有ります。

価格を考えると10GBがベストかもしれません、それでは足りない場合には15GBを選択すると良いでしょう、更に自由に利用したければ20GBを選択しておけばまず大丈夫でしょう。

DMM mobile 通話SIMプラン 10GB

DMM mobile 通話SIMプラン 15GB

DMM mobile 通話SIMプラン 20GB

格安SIMでテザリングは利用可能?DMM mobileとmineoのDプランと楽天モバイルは?

 - データ容量